2012.02.28

PucaPuca 回航 3

なんとか萩に入港したものの、船は不具合だらけになっていたようです。
エンジンもなんだか不調。
オートパイロットも壊れてしまった。
燃料計も正しく目盛りが動かない…

ここで慌てずに、一度態勢を立て直す必要がある、と船長Rokiさんは
判断したようでした。
まず壊れてしまった計器を直す。
回航組はインターネットが出来ない(準備して行かなかった)ので、
サポート組の私が、指示されたショップで指示された部品を発注。
港近くのヤンマーの事務所に住所を借り、そこへ部品を送ってもらいました。
そのヤンマーの方や、萩の人達にはとてもお世話になったそうです。

萩には8日か、9日間くらい滞在したでしょうか。
お天気は依然回復せず、日本海には冬の気配が漂ってきました。
燃料計は新しく取り付けられ、これで燃料の残り具合がわかります。
オートパイロットは?取り付けてはみたものの怪しい感じ。
ともあれようやく船を動かせるようになり、いざ出航かと思いきや、
低気圧が近づいているとの一報。
たまたま居合わせた他のヨットは、出航を見送る事にしたようです。
PucaPucaは…港を出ることにしました。
途中で、海上保安庁の船から「十分注意するように」と声も掛けられました。

PucaPucaは荒れつつある日本海を、ひたすら走り続けます。
京都府から福井県沖あたりで、店番中の私に連絡がありました。
「これからの天気と風、波の高さを報告して」

福井県の若狭湾は大きくえぐれているので、できれば湾内の港には入らずに、
真っすぐに最短距離を走りたかったようです。
ですが、嵐が来るようならどこかの港に避難しなければなりません。
若狭湾の手前で留まるか、突っ切ってしまうか。
お天気次第なのです。
ただこの日はたまたまお店が忙しく、天気予報を見ようとPCの前に
座れたのは、電話があってから1時間以上経ってからでした。
そのあいだに、Pucaは一気に金沢港を目指す決断をしていたのでした。

スポンサーサイト
Posted at 23:09 | PucaPuca | COM(0) | TB(0) |
2012.02.21

かき祭りに出店します

『七尾湾 能登かき祭』に出店しまーす!

会場は能登演劇堂前広場

日程は今度の土日です。
25日(土)は10:00~16:00
26日(日)は9:00~15:00

かき炭火焼、カキフライ、牡蠣ご飯、その他創作?カキ料理も!
能登野菜やお漬物の販売も!
B級グルメコーナーも!

遊帆はタイカレー2種と焼き菓子を持って行きますよ。
いつもはお店のメニューに無い「ゲーンマッサマン」というカレーを
お出ししますので、この機会にぜひ味わってみて下さいね。
マッサマンはあまり辛くないので、小学生くらいならお子様でもOKです。
もう一種はいつもの辛いグリーンカレー「ゲーンキョワーン」です。
やっぱりタイカレーは辛くないと!って方はこちらを是非!

焼き菓子は、バターや卵、上白糖を使用しない素朴でヘルシーな
クッキーやパウンドケーキです。
ここ数日、遊帆の小さなオーブンはフル稼働中。

みなさま、中島町の味覚を楽しみに来て下さいね~(^^)/

あ、そうそう。
お店の方もオープンしています。
Mini駅舎マーケットも期間が残りわずかとなっています。
かき祭りとハシゴしてください\(^o^)/
Posted at 23:14 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |
2012.02.18

間違えましたゴメンナサイ

北陸中日新聞に、Rokiさんがお話しした記事が掲載されるのは
もうちょい先(来週?)だそうです。
すみません、早とちりをしましたm(__)m

明日19日の紙面ではRokiさんを探さないでください。
特に良いことも、悪いことも、新聞に載るようなことはしていません(笑)

Posted at 22:34 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |
2012.02.17

またまた

北陸中日新聞さんに、記事が載るようです。
今度の日曜あたり、とお聞きしています、

取材を受けた遊帆マスターRokiさん。
散髪が間に合わず、ヘアスタイルがもっさりしているかも…
私も人の事は言えません、揃いもそろってもっさりです(^^;スミマセン。

気が向いた方は、記事を探してみて下さいね。
Posted at 23:08 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |
2012.02.14

PucaPuca 回航 2

昼前に、大阪に着きました。
瀬戸内海の潮流の影響があるため、出航予定は午後1時ごろ。
大急ぎで船内を掃除、荷物の積み込みをします。

事前に「航海灯が壊れている」などという連絡も入っていたため、
その修理も必要です。
航海灯が点かない、ということは、車のヘッドライトを点けずに
夜道を走行するようなもので、思わず「ありえなーい!」と
叫びたいほどの整備不良です。
このような作業に手こずり、時間はどんどん過ぎて、予定していた
午後1時もとうに過ぎ…

次に出航できる潮流になる時間帯を見計らって、やっと泉大津を
出航したのが午後5時過ぎの事でした。
辺りは薄暗くなり、なんだかとても不安な気持ちで送りだしたことを
思い出します。

さて、航海とは関係ありませんが、私はこの後1人で車を運転し
大阪から石川へと帰らなければなりませんでした。
この道程だけで、一つ記事が書けるくらい、私にとってはハードな
体験だったのですが…きっとPucaのクルーとして乗り込んだ二人にすれば
なんでもないことでしょう…

PucaPucaは予定通りであれば、翌日には関門海峡を抜け日本海に
出ているはずなのですが、短い電話によると「大分県の姫島に避難した」
え?大分県?
悪天候やオートパイロット故障というトラブルに見舞われ、急遽、最寄りの
避難港を探したようでした。
この後、なかなかお天気に恵まれず、当初の計画通りに航海は進みませんでした。
出航前「晴天」と「安全航行」を祈願したテルテル坊主をキャビンに
つるしたのですが、最後まで効き目が無かったようです。

それでも、ぐずついた空模様の下PucaPucaは少しずつ走ります。
次に私のもとに連絡が入ったのは「山口県萩市」の港に入った時でした。
日本海へ出ることは出来たのです。
この「萩」と長いおつきあいになるとは…

いつかは訪ねてみたい街です、萩。つづく~(*^^)v


Posted at 15:38 | PucaPuca | COM(0) | TB(0) |
2012.02.10

PucaPuca 回航 1

先日、ヨット「PucaPuca」のことを書きましたので、
ここで少しPucaとの出会いを振り返ってみたいと思います。
近頃、記憶が薄れがちですからね~(^^;)


Pucaとの出会いは2009年。
Rokiさんはもっと前から見ていたかもしれませんが。
ネットで、大阪府泉大津に浮かんでいるPucaをみつけました。
そのころはまだ「PucaPuca of noto」なんて名前は付いていません。

10月の終わり、大阪へ行き自分たちの目で直接船を見ました。
「わ~。バタバタだ~…」
というのが私の第一印象。
しかし、さすがデンマーク製なのか?
船内は天井が高く、床や棚や壁(バルクヘッド)も木製で
温かみがあります。
「この木の部分を磨いてやれば、いい船になるぞー」
というわけで、その日の内に業者さんと回航の打合せをし、
石川へと帰ったのでした。

さて「回航」とは?
船をまわしてくることです。
目的地まで、船を運ぶ航海ですね。
対して、車で船を運ぶ「陸送」という手段もありますが、
このときは回航を選びました。
つまり、大阪湾から七尾湾までの航海です。
瀬戸内海を通り、関門海峡を抜けて日本海へ。
日本海を北上し、能登半島を回って七尾湾へ。

当時お店はまだ野々市市(旧野々市町)にあり、私は店番担当でしたが、
2人のクルーがRokiさんと共にPucaに乗り込んでくれることになりました。
大急ぎで準備(必要な備品をそろえたり、食糧の買い出し、航海の計画
お店の段取りなどなど)をし、2009年11月9日早朝、車にギュウギュウに
詰め込んだ荷物とともに、4人で石川を発ちました。

予定では5日間、余裕を見ても一週間程の旅…のハズだったのですが…

つづく~\(^o^)/



Posted at 16:17 | PucaPuca | COM(0) | TB(0) |
2012.02.10

模様替え

Mini駅舎コーナー、模様替えしました。

コの字

少し、見やすくなったでしょうか?

商品も一部入れ替わっております。
アフロ

くねっとした身体がセクシーキュートなアフロのお姉さん。
(ぼんやり雑貨店さん)

帽子は、春物がお目見えしています。
春帽子
(katomiさん)

Mini駅舎、まだ行ってないよ、という方も、もう見たよ、という方も
新しい発見をしに来て下さいね~(^^)/

Posted at 15:03 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |
2012.02.06

探し物はなんですか?

♪~ 見つけにくい物ですか?

はい、とっても。


このブログは「カフェと”ヨット”と日常ブログ」のはずなのに
今までヨットの話は全然していませんでしたね。
だって寒いんだもん。
全然乗っていないし。

もちろんPucaPuca船長のRokiさんは、ちゃんと日々手入れを行っています。
そんな中、ちょっと手助けが要る作業があったので、久しぶりに私も
船のメンテナンスに参加しました。
その作業とは、エンジンのジンクアノード交換、です。
なんのこっちゃ?
へなちょこクルーの私には、ジンクアノードの意味が解りません。
そもそも、エンジンなんてシロウトがいらって(触って)いいものなの!?状態です。

R「まーいいから。とにかく作業灯持ってて。ちゃんと照らして!!」
私の役目なんてこんなもんです。
でも、何のための作業なのかは聞いてみましたよ。

ジンクアノード、何かの金属の塊です。
ジンクは亜鉛。
ニホンゴでは「犠牲陽極」だそうです。
そう、この金属の塊ジンクアノードが犠牲となり、エンジン本体を守っているのです。
船の金属部分が海水に浸かっていると、だんだんと電蝕(電流が流れて腐食)
してきます。
亜鉛は他の金属よりも早く電蝕して、大事な船本体の金属を守ります。
船のエンジンも海水を取り込んで冷却しているので、ジンクが無いと
腐食しちゃうんですね。
このほかに、プロペラも常に海水に浸かっているため、ジンクが
取り付けられています。
ジンクは自らをすり減らし船を守っているため、減って来たら交換が
必要なんですね。


さあ、交換したい、が交換部分がわからない???
数多あるボルトの一つが、そうであるらしいのですが…
「これじゃない?」
という一つのボルトを苦労して(本当に大変そうでした)外してみるも、ハズレ。
エンジンケース内が水浸しになっただけでした。

結局、とても見つけにくい探し物。
みつからず。


PucaPucaのエンジンはVOLVO製、2003T という型式です。
舶来ものは扱いがムツカシイね…
VOLVO

ジンクがどこにあるかご存知の方、教えて下さいm(__)m

※書き手は全くの船素人ですので、間違った点があるかもしれません。
勉強不足でスミマセン。。。(^_^;)





Posted at 14:51 | PucaPuca | COM(0) | TB(0) |
2012.02.01

aiko

今日から2月です。
「Mini駅舎」にも新メンバーが加わりました。
革職人 高畑愛子さんの革製品ブランド「aiko」

aiko


知る人ぞ知る、能登が(いや石川県が)誇る手仕事職人さんです。
iPhoneケースなどが有名でしょうか。
もちろん、バッグやお財布、その他にも色々な革製品を製作していらっしゃいます。

今回「Mini駅舎」にはアクセサリーを中心に参加していただきました。
個人的には「革」って少しハードでカッチリとしたイメージがありました。
そういったハードな面を持つ作品もあるのですが、女性向けのアクセサリーは
とてもナチュラルで柔らかい表情をしています。

花チョーカー

革小物

丁寧に作られているんですね~。
お花がとても精巧。
ガン見カメラ(笑)で見てみましょう。

花ゴム

綺麗です☆

きっと、とっておきのアクセサリーになるでしょう。
大切な人へのプレゼントにも、いいかもしれませんね(*^^*)




Posted at 14:33 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |