2013.02.26

Chiangmaiへ行った その2

2月2日~ロイクロ通り周辺を探索~

チェンマイの朝、暑くも寒くもなく爽やかだ。
Rokiさんは9時からマッサージスクールへ行く。
その間、私には2つのミッションが与えられた。
☆日本円をタイバーツにエクスチェンジする。
☆携帯電話のシムカードを購入、ケータイを使用出来るようにする。

9時ちょっと前に「行ってらっしゃーい」とRokiさんを送り出し、
まずはエクスチェンジ(換金所)へ行こう、と私もゲストハウスを出た。
ロイクロ通りはすでにたくさんの人が歩いている。
白人の人々が多い。
ゲストハウスから一番近く、換金率も良いというエクスチェンジは
まだオープンしていなかった。
別の所なら開いているかな?と思いながら、「シムカードはここで買え」と
指示されたパンティッププラザ方面へ歩く。
パンティッププラザは家電販売店がいくつも入っている商業ビル。
もしかしてエクスチェンジも中にあるかな?と思ったが、残念ながら無かった。
ケータイ屋さんの位置をチェックして、再び外へ出る。
10時を過ぎるとだんだん暑くなって来た。

地図も予備知識も無いので、適当に歩いてエクスチェンジを探すしかない。
ATMならたくさんあるが、生憎我々は現金主義だ(?)
ようやく開いている銀行を見つけた。
銀行は換金屋さんより少々レートが悪いらしいけれど、お金が無くては
始まらない、ということでここで換金。
ほっと一安心。
タイバーツを握りしめ、もう一度パンティッププラザへ向かう。
方向音痴なので、来るときに見た景色を確かめながら歩いた。
キョロキョロと、まるで「はじめてのおつかい」だ。

パンティッププラザのケータイ屋さんは、通路にショーケースを
並べただけの簡素なお店。
店のお姉さんに電話機を渡して「新しいシムカードが欲しい」旨を
伝える。
電話機は、Rokiさんがかれこれ10年近く前に買った古い機種だった。
その古い電話機を、お姉さんは珍しそうに眺め、しかし手際よく
新しいシムカードを挿入してくれた。
「これでケータイはOK!」と思ったのだが、お姉さんはまだ何か
言っている。
なんだろう?なかなか聞き取れないワタクシ…
何度も何度も聞き直し、やがて「トップアップ」という単語が分かった。
「ああ、そうか!!」
新しいシムカードには少しの無料通話料が入っているが、さらに
お金をチャージしなければ通話できないよ、ということだったのだ。
全てのタイのケータイがそうであるか解らないのだが、携帯利用料金は
日本のように使った分を払うのではない。
払った分、使えるという仕組み。
お金をチャージすることをトップアップと言うらしい。

冷汗をかきながらも、ミッション達成。
お昼休みに帰ってくるRokiさんと落ち合うためゲストハウスに戻る。
昼まで少し時間があったので、1階のカフェでパッションフルーツの
スムージーを飲んだ。
大きなグラスに山盛り!
お陰で、涼しい顔をして「換金もケータイもバッチリ」とRokiさんに報告出来た。

さて、お昼ごはん。
ゲストハウスから近い食堂へ行った。
お客さんは現地の人と、観光の外国人が入り混じっている。
まずはカオニャオ(もち米)2人前とガイヤーン(焼いた鶏肉)1皿
カオニャオ・ガイヤーン
ヤムウンセン(春雨とシーフードのサラダ)もオーダー。(全部で65B)
ヤムウンセン
店の中ほどに、セルフのお水と、野菜やハーブが盛られたコーナーが
あったので、そこから葉っぱも貰って来た。
どれも美味しかった。
カオニャオを指でつまんで食べるのも楽しい。

Rokiさんはマッサージスクール午後の部。
私はまた1人でふらふらとさまようことに。
大通りに面して、なんだか角ばった建物があるので、スーパーかな?
と入ってみると本屋さんだった。
ノートを買おうとレジへ進むと、ツンとした感じのお姉さんがお会計してくれた。
ツンとしてんな~…と思いつつも「コップンカー(ありがとう)」と言うと、
ニッコリ笑い返してくれた。

ゲストハウスの近くを歩いていると、フルーツの屋台が。
小さな女の子と、そのお母さんが何かを買っていた。
私も屋台のショーケースをのぞかせてもらう。
パイナップル、パパイヤ、ローズアップルなどなど、氷の上に
並んでいる。
その中に、青いマンゴーがあった。
ずっと前にタイ好きのお客さんに「青いマンゴーはビタミン豊富で
タイの女性にも人気だよ」と聞いたことがある。
よし、青マンゴーを買ってみよう。
「マムワンください」
屋台のお兄さんが手際よくマンゴーの皮をむき、細くカットして袋に入れてくれる。
「これも付けるか?」
と小さな袋に入った、顆粒状の調味料を見せられたので
「ナムターン(砂糖)か?」と聞くと「そうだよ」
young mango
実際には、砂糖と塩と、あとよく分からない何かを混ぜた調味料だった。
ちょっと酸っぱくて、ポリポリした食感の青マンゴーに付けて食べると
美味しかった。

午後3時過ぎ、マッサージ学校初日を終えたRokiさんと、バイクを
借りに行くことになった。
私はバイクと言う乗り物自体が初めて。
二人乗りで、後ろに座るのだが、どうもお尻のポジションが決まらない。
どこに捕まったらいいのかもよく分からない。
色々試して、座席後部に沿うようにして取り付けられている手すりを
左手で掴む。
右手でRokiさんの腰を掴む。
荷物は、一応防犯の為に私のお腹の前で抱えることに。
これで、TESCO LOTUS(大型ショッピングセンター)へ買い出しに出掛けた。

TESCO LOTUS到着、ジャスコみたいな感じだな~。
食料品、衣料品、生活雑貨、床屋、フードコートと何でもそろう。
ここでTシャツや、ひげそり、ビールやスナックを買った。
そのあと、Rokiさんは勇敢にも床屋へ行くという。
とっっってもスッキリとしたヘアスタイルになって帰って来た。

夜は、Rokiさんのタイマッサージの兄弟子、Yoshiさんと夕食をご一緒した。
タイにはベジタリアンや、マクロビオティックのレストランがいくつもある。
「Tianza」というマクロビレストランへ。
アジアンテイストたっぷりの、東屋のような客席。
きのこのトムヤムスープ、昆布と揚げの炒め煮、ブラウンライスのサラダ、
レンズ豆のサラダ、ビールを3本ほど。(全部で560B)
この日も、夜になり雨が降りだした。
最初はポツポツ…だったのがだんだん激しくなり、飛沫がテーブルまで
飛んでくるほど。
すてきな東屋が仇となってしまった。

やっと雨足が弱まったので「ちょっと飲み直そう」とYoshiさんの借りている
アパートメントへお邪魔した。
テキーラ登場!
チェンマイの夜が更けていく。



スポンサーサイト
Posted at 16:44 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.02.23

Chiangmaiへ行った その1

2月1日から10日まで、遊帆マスターRokiさんと二人、タイの
チェンマイという街へ行って来ました。
その時のことを思い出しながら、そして忘れないように、ちょっと
ずつ綴っていこうと思います。

私は、全く旅慣れていない、海外旅行初心者です。
このチェンマイ行きは海外旅行3回目、パックツアーでない、個人旅行
としては初であります。
なので「何をいまさら」と思われるようなことでも、初心者目線で
恥をしのびつつ書いちゃいます。
(Rokiさんは旅慣れてーらーですので、大分頼ってしまいましたが)

さて、旅行初心者は空港からもはやテンションが上がります。
ですので、地元の空港を出発するところから始めます。


2月1日~小松空港・仁川・チェンマイへ~

チェックインは朝10時からだが、1時間も早く小松空港に到着した。
朝食は自宅で摂って来た。
しばらく和食は食べられない、と思いご飯と梅干し、お味噌汁。

ようやく大韓航空のカウンタに照明が灯り、チェックインが始まった。
チケットはインターネットで予約してあったため、必要事項をプリントアウトした
用紙と、パスポートを受付に提出。
大きな荷物は預けて、発券してもらった。
荷物はこのままチェンマイまで預けっぱなしだ。
出発ロビーがある2階へ上がり、石川県のお土産ものをしばし眺める。
小さな地方空港の、国際線出発ロビー。
さすがに日本人が大半だが、ソウル(インチョン)行きということで、
韓国の方もちらほら見かけた。
中国語らしき会話も聞こえる。
チケットに書かれていた「BOARDING」の時間になり、ゲートをくぐる。
私は特にアヤシイ人ではないはずだが、なぜかちょっと緊張する。
Rokiさんはリュックの中の液体瓶を指摘されていた。
(ちゃんとジップロックに入れて無事通過)
大韓航空Air Koreaの水色の機体に乗りこむ。
天気が良いのでそんなに揺れる事もないだろう。
ゆっくりと滑走路を移動した飛行機が、一気にスピードを上げる。
普段なかなか体感しない「G」を体に感じて、路面とタイヤが擦れる
ゴーーという音が途切れた…と思ったら機体はふわっと飛び立ち
離陸した。
実は、私は飛行機に乗ると、この瞬間を楽しみにしている。

韓国ソウルの仁川(インチョン)空港までは約2時間のフライト。
朝早かったので、少し眠ろうか…と思ったがK-POPのPVに
ハマってしまい眠れなかった。
機内食は、お昼ということで軽めのサンドウィッチだった。

仁川空港に到着。
さすがアジア最大のハブ空港、大きい、きれい。
チェンマイ行きの出発までは4時間もある。
Rokiさんがメールチェックをしたい、と言うので電源がとれて
ゆっくり座れそうなところを探す。
仁川空港はWi-Hiフリー。
誰でも無料でインターネット接続が出来る。
パソコンが数台並んだコーナーも。
素晴らしいサービス、さすがIT先進国。
(ちなみにシャワールームもフリーだった)
電源を供給してくれる所も、色々なプラグ形状と電圧に対応している。
Rokiさんも自分のノートパソコンで、メールを受信していた。

さて、機内で食事をしたので、さほど空腹も感じていないが
ともかく手持無沙汰。
何かちょっとだけ、食べたり飲んだり出来たらいいのだが。
あいにく、3000韓国ウォンしか手元にない。
これではコーヒーも飲めない。
かといって、わざわざ換金するほどのことでもない。
「お金が無い」というのは侘しいものだな、と思った。
「ってか、カード使えばいいんじゃない?」「あ、そうだね」
カフェコーナーで、パンとレモネードを買った。
支払いの時、現金で3000ウォンを、残りをカードで、という
迷惑極まりない事をした。

たっぷり時間はあったのだが、免税店はあまり見なかった。
だけど、仁川空港内にはたくさんのブランドショップが入っている。
チャンスがあれば、今度はじっくり眺めたい。
こんな可愛いカフェもあった。
Kitty
ハローキティカフェ。
チャーリーブラウンカフェも見た。

18:45定刻通り、チェンマイ行きの大韓航空機が出発。
少し長いフライトとなるので、映画を観ることにした。
ただ、日本語の字幕が無い。
うーん、困ったな…と思いながら、何を観るか探したところ、
キッズのカテゴリに「レミーのおいしいレストラン」があった。
これなら英語の音声だけでもストーリーが理解できるだろう。
レストランで供される、美味しそうなお料理を見ながら、
機内食を食べた。
ビーフ・チキン・シーフードの3つから選ぶことが出来たので、
私はチキンを、Rokiさんはシーフードを選択。

映画も観終わり、お腹も膨れたので少しウトウトしていたら
Rokiさん「降りたらすぐに荷物拾って、タクシー捕まえるぞ」と
気合いが入っている様子。
飛行機は無事チェンマイ空港に到着。現地時刻で22:40
小走りでバゲージクレームへ。
しかし、待てど暮らせど荷物が出てこない。
出てくるのはゴルフバッグばかり。
ようやく出て来たトランクとバックパックを引きずって到着ロビーへ出ると、
雨が降っていた。
メータータクシーのカウンターには長蛇の列。
チェンマイ空港では外で並ぶのではなく、空港内のカウンターで
配車してもらい、料金先払いだった。
番号が書かれた紙きれを2枚もらい、タクシー乗り場を仕切っている
お姉さんに1枚渡す。
番号が呼ばれたら、タクシーに乗れるのだ。
夜も遅く、しかも雨が降っているため、タクシーはフル回転で
お客を運んでいるようだった。
乗り場のお姉さんも、勝手の解らない外国人にまくし立てられて大変そう。
「Twenty one!」と呼ばれ、黄色いタクシーに乗り込む。
女の子2人組と相乗りだった。

宿に到着。
これから8泊の予定でお世話になる「Green Days」
Greendays

鍵をもらい、簡単な説明を受けた。
「さあ、ビールを飲んで寝るか~」
と、近くのセブンイレブンへ。
ビールの冷蔵庫の前へいくと、取っ手に鍵がかかっている。
タイでは、アルコールの販売が規制されている時間があり、
夜中の0時を回るとビールが買えないのだ。
ガーン…ちょっと遅かった。
仕方が無いのでビールは諦めて、水とサンドウィッチを買った。
サンドウィッチはタイのセブンより大韓航空に軍配が上がった。

Posted at 17:13 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.02.20

商品増えてます。

Mini駅舎マーケット、追加納品して頂いたのでちょっと
新しいのが増えてますよ。

追加帽子
katomiさんの帽子。
暖かそうで、彩りも楽しいキャスケットやハンチング。
まだまだ寒い日が続きますので、頭も暖かくオシャレに~。


そしてアトリエちなちなさん。
ヤーンブレス
リサイクルヤーンのブレスレット。
可愛い色が揃っています。

そして、春が来ると活躍しそうな
ティッシュケース
ティッシュケース。

花粉の時期には、箱ティッシュを常に携帯…という
憂き目にあう方も少なくないのでは。
このティッシュケースは、箱ティッシュから取りだしたティッシュを
入れて持ち運べます。
半分に折れば、鞄の中にも入れておけますね。
広げると、ボタンホールをひっかけて壁掛けも可能。
これで花粉症の季節も楽しめ…ないけど(^_^;)素敵な便利グッズです。

要チェックですよー。

Posted at 14:51 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |
2013.02.12

ただいま~

一昨日、チェンマイ(タイ)より帰国しました。
昨日から遊帆は通常営業しております。

すぺしゃる10daysにお越し下さった皆様、ありがとうございます。
そしてお店を預かってくれたみんなも!


ちょとずつ、タイでの出来事を書いていきたいな、と
思っておりまーす。
Posted at 23:51 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |