2013.04.27

PucaPuca富山へ行く

RokiさんはPucaPuca of notoの3代目か4代目か5代目くらいの
オーナーでありますが、もちろん物事には始まりというものがあります。
今はPucaPucaという名が付いているこの船の、初代のオーナーさんが
富山県に住んでいます。
その初代オーナーさんに会うために、Pucaは富山県射水市の
海竜マリンパークへ向かいました。

西岸ヨットクラブから海竜マリーナまではおよそ5時間のクルージング。
朝7時、霧雨の中を出航。
七尾湾を航行中は、おにぎりを食べたり、釣りのボートを眺めたり、
保安庁の巡視船を双眼鏡でガン見したりと余裕のワタクシ。
しかし小口瀬戸を抜けて、富山湾に出た頃から気分が悪くなり始め…
いつものパターン。
「ちょっと、寝ます」
適度な揺れ、低いエンジン音と振動が心地よくぐっすり眠っていたところを、
突然「おい、起きろ」と呼ばれました。
何事か、とコックピットに飛び出すと「ほら、外見て」
小鳥
こぶし大位の小鳥が、ライフラインに捕まって羽を休めていました。
依然、霧雨と風は止まず、鳥も疲れていたのでしょう。

新湊大橋
美しい新湊大橋が見え始め、海竜マリンパークのマリーナに到着。
初代オーナーのご家族と、「海竜に来ないか」と誘ってくれた方が
出迎えてくれました。
「綺麗にしてるなぁ」と褒められてご満悦のPuca(いや、Rokiさんか)
この日のために、ちょっとお色直しをした甲斐がありました。
ぷかin海竜
Pucaが日本に来たのは、今からおよそ30年前。
初代オーナーが乗っていた30年前とは、変わった部分もたくさんあると
思いますが、それでも、思い出が思い出されるようで、
色々なお話をして下さいました。
初代奥様「ところで、今は何て船名なの?」
私「ぷかぷか、です」
初代奥様「……」

海竜マリーナは、きれいに整備されたとてもいいところでした。
昼ごろから天気も良くなり、ポカポカ、のんびり気分。
雄大にそびえたつ、立山連峰にもお目にかかれました。
名物なのか?白エビバーガーも食べました。(道の駅 新湊にて購入)
白エビバーガー






スポンサーサイト
Posted at 11:40 | PucaPuca | COM(0) | TB(0) |
2013.04.23

Chiangmaiへ行った その6

2月6日~a lot of Thai~

いよいよだ。
この日のために、私はチェンマイへ来たのだ。
頑張れわたし!

日本にいる時から予約していた、タイ料理教室の日がやってきた。
「a lot of Thai」というすてきな名前の教室。
予約フォームも、授業も、レシピブックも全て英語だ。
予約のメールのやり取りは、Rokiさんに手伝ってもらって何とか出来たが、
教室へは1人で参加。
付いていけるかな~、と不安を抱きつつグリーンデイズカフェの店先で
待っていると、可愛いワーゲンバスが迎えにきてくれた。
ワーゲンバス
「Good morning」などと挨拶を交わしながらバスに乗り込むと、先客が。
オーストラリアから来ていると言うCatherineさん。

ガタガタと揺れるバスに連れられて、教室に到着。
すると日本人女性の参加者の方が一人。
これは心強い。
しかも英語が堪能。
参加者は私、Catherineさん、Haruさん(日本人)、Philさん(オーストラリア人
男性)Philさんの娘と息子(5歳と3歳くらいか)

先生のYuiさんの案内でまずは市場へ、食材のお勉強をしに出掛ける。
市場alotofthai
様々な種類の野菜。
ナスひとつとっても、種類がたくさんある。
大きいもの、中くらいのもの、豆みたいな小さなナスも。
バナナの花やハーブなども、本の中でしか見たことのなかったものが
目の前に実在している。
「これが、そうなのか!」とひとり感動。
Yui先生は英語で、食材の説明をする。
私は、それをタイ語の呼び方で確認する。
6年もタイ料理屋さんにいると、食材の名前は少し覚えた様だ。
途中で美味しいバナナチップや、カフェ・イェン(雑穀アイスコーヒー)
などを買って、食べ飲みしながら教室へ戻る。

教室は設備がとても整っている。
作業・ガス台
1人に一台の作業台とガス台。

1人分の食材も、キチンと皿にのせて準備してくれる。
食材トムカー
(さあ、これはなんの食材でしょう?)

教室は、まずYui先生が作って見せて、生徒はその手順を必死で覚える。
Yui
「さあ、みんなでやってみよう」と言う感じで、各自の作業台に戻り、
実際に調理にとりかかる。

まずはタイ料理の大定番「パッタイ」
遊帆でも提供しているお料理。
パッタイalot
自分で言うのもアレだが、とても美味しく出来た。
横に添えられている、ライムの様な果物は「マナオ」
レモンとライムの中間の様な、とても爽やかな良い香りがする。
日本では手に入りにくいので、遊帆ではレモンで代用しているところ。
ここでは本物のマナオをおかわりまでして、たくさん絞って食べた。

次に「トム・カー・ガイ」
トムカーalot
鶏肉のココナッツミルクスープで、まろやかで美味しい。
カーというハーブ?(和名はナンキョウ、生姜やウコンなどの親戚か)
が独特の香りを付けている。

蒸料理も作った。
「ホーモック・プラー」
ホーモックプラー
これは、私が本で見てずーっと憧れていた料理だ。
本ではよく「ホーモック・タレー」と言ってシーフード入りの物が
紹介されているが、教室ではプラー(白身魚)を使用した。
バナナの葉っぱでカップを作るところから、この料理は始まる。
私はぶきっちょなので、ちょっとひしゃげた形のカップになってしまった。
そのカップに、魚の切り身と、レッドカレー味のカスタードを詰めて蒸す。
ハーブもたっぷりと入っている。
これが、想像以上に美味しかった。
私の憧れは伊達じゃなかった!?

もうひとつ、デザートの蒸もの。
「カノム・クルアイ」
バナナの蒸しケーキだ。
といっても、小麦粉や卵を使ったお菓子では無いので、
ふわふわではない。
米粉やタピオカ粉で、もっちりとした食感のケーキとなる。
こちらもバナナリーフカップに作るので、見た目も可愛い。

そしてラストは「カオソイ」
チェンマイ名物で、日本でも人気が出つつある。
このカオソイとホーモックプラーが作りたくて、水曜日のクラスを
選んだのだ。
カオソイalot
私は、途中火を弱めるのを忘れたため、スープが少なくなってしまった。
本当はもっと器の上までスープがある。
ちょっと濃厚な私のカオソイとなったが、とても美味しかった。
チビッコ2人も、お父さんに「KaoSoi Crazy」と言われるほどカオソイが
大好きなようで、美味しそうに平らげていた。

頭の中も、お腹もいっぱいいっぱいで、a lot of Thaiの教室は終了。
「日本に帰ってからも、必ずおさらいします」とYui先生にかたく誓い?
またワーゲンバスでゲストハウスまで送ってもらった。


夕方、Rokiさんが「電動ひげそり買う」と言うので、パンティッププラザへ。
チェンマイに着いてからRokiさんは、T字型のひげそりを使用していたが
肌が弱いのか、髭が強すぎるのか…毎朝血まみれになっていた。
パンティッププラザに電動シェーバーは2種類しかなかった。
「ま、これでいいか」とえんじ色の物を選び、お金を支払う。
私は少し離れた所で別の商品を眺めていたが、やたらとお会計が長い。
「どうしたのだろう」と様子を見に行くと、店員のお兄さん達が3人くらいで
ケラケラ笑い転げている。
ひとりはトイレットペーパーを手に持っている。
Rokiさんも、ニコニコ笑っている。
お会計はちゃんと終了したようで、店を出た後Rokiさんに「彼らは
何がそんなに可笑しかったの?」と聞くと
「レシートの用紙が無くなって、替えがなかったみたい。だったら
このトイレットペーパー入れとけ。って冗談言い合ってたみたい」

夕食はガーレ―ナイトバザールのフードコートで摂った。
グリーンデイズから近い。
これはサテ。
ガイ(鶏肉)とムー(豚肉)の2種類。
サテG

コチラはサイウア。
最強すぎるビールのツマミ。
サイウアG

そしてフライセット。
エビフライと、なぜかカニカマフライ。
カニカマは結構色々な場所で見た。
タイ人はカニカマが好きなのだろうか。
フライセットG

まだちょっと食べたい、と言うことで私が選んだ一品。
パッ パックブン(空芯菜炒め)
パックブンG
オーダーの時、写真を指させばいいのだが、私はせっかく覚えたタイ語を
使ってみたかった。
だが、いくら店のおじさんに「パックブン、パックブン!!」と言っても通じない。
仕方なく写真を指さす。
するとおじさん、大笑いして「パッ ブン!」と正しい発音を教えてくれた。

締めの一品クィティアオ(タイラーメン)
クィティアオヌアG
メニュー表を見ると、チキンスープとビーフスープが選べるようだ。
店のお姉さんが「Chicken or Beef?」と聞くので「チキン」と言うと
「チキンはもう終わった」
なんだそら、なら最初から聞くな。と思いつつ「ではビーフで」と注文。
フードコートでは通常、クーポン券で支払いをする。
コート内で使えるクーポン(金券)を最初に購入して、
そのクーポンを各店で払うシステム。
お店のお姉さんに、手持ち残り全部のクーポンを手渡す。
丁度クーポンを使い切る買物だったはずだ。
だが、お姉さん「5バーツ足りない」
え。
あ、チキンなら足りてたけど、ビーフは5バーツ高かった。
あたふたする私。
いまさら5バーツ分のクーポンを買いに行くなんて。
お姉さん、ちょっと呆れたように「コインでいいから」
ポケットに運よく5バーツ入っていたので、現金で払った。
ビールも3本ほど飲んで、全部で550B
ちょっと、割高(Roki談)







Posted at 17:20 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.19

4/19今朝の西岸駅

散り始めています。
4/19sakura
葉っぱも出て来ました。

4・19桜
くだりホームの桜も、風が吹くと花びらが舞っています。

4・19並木
七尾方面に続いている桜並木も綺麗です。

西岸駅の桜を楽しみたい方は、お急ぎ下さい。
Posted at 22:34 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.17

寝坊しました。

今朝は、とてもお天気が良かったのですが、寝坊して
散歩に出掛けられず、西岸駅の様子を確認出来ませんでした。

お客様に聞いた、桜の開花状況は…

西岸駅は7分~満開
線路わきの桜並木も綺麗です。

能登鹿島駅は8分~9分咲き。
だそうです。

能登は夜になって雨が降り出しました。
もう少し、頑張って咲き続けてね。
Posted at 21:38 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.15

4/15今朝の西岸駅

今日も風が強い…

4/15sakura2
のぼりホーム側は8分咲きくらいで、とてもきれいです。

4/15sakura3


駐輪場横の桜の木も、大分咲いています。
4/15sakura1

くだり側はこんな感じ。
4/15sakura4
3分咲きくらいかな?

今週末まで咲いていてくれますか。
風の強い日が続いているので、ちょっと心配です。
Posted at 16:26 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.12

4/12今朝の西岸駅

4/12駅桜
のぼりホーム側は、4~5分咲きくらい。

一昨日くらいから、寒いです。
昨日は強い雨と風、ときにはみぞれも。
咲き始めた桜が心配でしたが、まだ散るようなことはなかったです。
この寒さで、開花に少々ブレーキがかかったでしょうか。
明日、土曜日から天気が回復して暖かくなりそうなので、咲き始めたら
早いかもしれないですね。

くだりホームはやっと、咲き始めた感じです。
4/12くだり桜

西岸駅のお隣、能登鹿島駅はこの週末「さくらまつり」だそうです。
私は鹿島までは見に行ってないのですが、今朝鹿島駅前をドライブした
方によると「3分咲きくらいかー」とのことです。
でも「まあまあ花見にはなるやろ」と言うことですので、ぜひ「のと鉄に乗って」
おでかけください。
Posted at 16:18 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.09

4/9今朝の西岸駅

4/9西岸桜
のぼりホーム側の大きな桜は、2分咲きといったところでしょうか。
遠目にも、ちょっと咲いてるな、とわかります。
画像の左下に見える白い壁は、駅のトイレです。

くだり側はまだ咲きません。
日当たり加減が違うのかな。
Posted at 11:57 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.08

冷やしチェー始めました

4月に入り、メニューにも変化をもたらしたい今日この頃。
「新スウィーツ投入じゃ!」
と意気込んでいるのですが、準備が遅れています(・А・;)

どうしよう、まだ「冬のあったかデザート」のポップが出ている…
でもこの、あったかデザート、この冬なかなかの人気を博していたのでした。
もう退場させてしまうのも勿体ないし。
まだ肌寒い日もあるし。
んじゃ、従来のあったかいバージョンと、新しくつめたいバージョンを
作っちゃおう!!

ベトナム風 あずきと白玉のジンジャーシロップ
『チェー』¥400 つめたいバージョン
Iceチェー

クラッシュアイスをガリゴリ噛み砕いて下さい。
冷たいスウィーツなので、フルーツがあると良いかな。
てことでマンゴーをあしらってみました。
生姜の香りも効いていて、アジアな雰囲気です。
あったかいチェーもとても美味しいのですが、コチラつめたいチェーも
すごく美味しく出来ました(*^^*)
ぜひお試しくださ~い!

Posted at 16:01 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.08

4/8今朝の西岸駅

のと鉄道、西岸駅の桜開花情報をお届けします(^o^)/

のぼりホーム、「ゆのさぎ」駅名看板の脇にある桜の木は
4/8駅桜
1分咲きです。

下りホームは
4/8下り
まだですね。


Posted at 15:12 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.06

Chiangmaiへ行った その5

2月5日~ワット=寺~

Rokiさんはまじめにマッサージ学校へ。
私は特に予定などないが、とにかく外へ出掛けよう。
昨日借りた自転車で、ゆるゆるとサイクリング。
もちろんこの日も晴天だ。
私が動き始める朝9時ごろでは、もう朝食のための屋台は
終わっているらしく、朝ご飯にありつけない日々が続いていた。
私は朝食がっつり派なので、少々ツライ。
せめてコーヒーを飲むことが出来れば…
人通りが多い所には、コーヒースタンドがポツポツ店を空けている。
外国人向けのカフェもあるし、ファストフード店もある。
さて、どこでコーヒーを飲もうか。

ロイクロ通りから近い、静かな通りに小さな可愛いオープンカフェがあった。
「Doi Chaan Coffee」
チェンマイでチェーン展開しているコーヒー屋さんだ。
お客さんは白人のおじさんが二人。
静かに新聞を読んでいて、落ちついたいい感じ。
自転車を止めて、店内に入ってみる。
普通にホットコーヒーをオーダーして、オープンエアの席に陣取った。
コーヒーはなかなか美味しい。
時々、目の前の通りをバイクが通り過ぎて行く、ゆったりとした朝の時間。
新しいお客は入ってこない。
が、珍客がご来店。
トコトコと店の奥へ進み、レジカウンタとソファの間で眠り始めた。
Doi Chaan犬
「おいおい、ドッグカフェなわけ?」と思わずつぶやいたが、誰も
彼を咎めたりしない。
コンクリートの床が冷たくて気持ちいいのだろう、その犬君は、私が
音を立てて席を立っても、眠り続けていた。

さて、昨日のリベンジである。
ワットマハーワンというお寺の境内にあるマッサージ屋さん
「Leaming Center of Traditional」へ。
マッサージ屋
丁度10時に到着。
「マッサージしてもらえますか?」的な目配せを送ると、セラピストの
おばちゃんがニッコリしてうなずいた。
タイ式マッサージ2時間(300B)をお願いして、ベッドに寝っ転がる。
下だけタイパンツに着替えた。
お寺は、車や人通りが多い道路に面しているが、その喧騒は遠くに聞こえる。
私が一番乗りの客で、鳥が鳴く声、風が通る音がするくらいで静か。
とても気持ちがいい。
うとうとしてきた。
「サバーイ、サバーイ(きもちいい~)」とむにゃむにゃ言うと、おばちゃん
再びニッコリ。
11時頃になると、お客さんが増えて来た。
トークセンという、杭と木槌を使用するマッサージも行っているようで
木槌を打つ「トントントン、カンカンカン…」というリズミカルな音が
響いてきた。
お昼近くになると更に人が増え、お店の人同士の会話も賑やかに。
タイ人は、冗談を言い合ってケラケラ笑うのが好きらしい。
12時ピッタリにマッサージ終了。
Rokiさんと昼食を摂るために、ゲストハウスへ帰る。
(1人でメシも食えんのか。というツッコミがそろそろ入りそう。
私は1人で外食出来ない。だって寂しいから(>_<)←31才)

この日のお昼ごはんは、チェンマイ滞在中で最も庶民的?
屋台&持帰りの店で食べた。
軒先ではプラードック(ナマズ的さかな)や何かの肉を串に刺して
焼いている。
Rokiさんは、この串焼きプラードックが好きらしく、一つオーダー。
謎の肉串焼きも一つ。
お店のお姉さんが、持帰り用に汁ものを袋詰めしていたので見せてもらう。
かぼちゃとニラ、臓物?のゲーン。
ゲーンはよく「カレー」とされるが、本当は「汁」の意味らしい。
このかぼちゃのゲーンも一つもらう。
そしてカオニャオ(もち米)2つ(全部で60B)
プラードッグ
プラードックは甘辛い味付けで、身が柔らかく、なるほど美味しい。
ゲーンはかぼちゃが甘くて美味しいが、スープがとっても辛い。
スープは二口ほどで諦め、かぼちゃとニラばかり食べた。
串焼き肉は、レバーっぽいビジュアルに戦き、すべてRokiさんに食べてもらった。

午後、また単独行動タイム。
フリコピに載っていたギャラリーショップに行ってみたく、頑張って
お堀を超え、ターペー門から旧市街へ入る。
日差しが強くとても暑いのだが、カラッとしているので自転車に
乗っていると気持ちがいい。
どうやら、目的のお店の前を3回通り過ぎ、やっと見つけた。
レンディー
小さなカフェスペースがあったので、ナムマナオ(レモネードの様な?ドリンク。
マナーオはレモンとライムの中間の様な柑橘フルーツ)で喉を潤す。
ロングステイ中という、日本人のおじさん二人といろいろおしゃべりをした。
これからバイクで、お茶を栽培している少数民族の村へ行くと言う。
お買物と休憩をさせてもらい、再び暑い屋外へ。

チェンマイへ来て、まだお寺をじっくり見ていない。
というわけで、ワットプラシンへ。
ワットプラシン
外観はきらびやか。
屋根の傾斜が美しい。
お堂の中も、キンキラキンで豪華。
だけど、正座して目を閉じてみると、心がシーン…としてくる。
せっかくなので、もう一つお寺を訪ねてみよう。
映画「プール」の撮影場所になったというワットムーングンゴーンへ。
ワットムーングンゴーン
柱の装飾が綺麗。
もう少し近づいてみる。
涅槃仏
涅槃仏がコンニチワ。
「プール」は観たはずなのに、このお寺は印象に残っていなかった、残念。

お寺はいずれも学校と隣接していて、子供たちの元気な声が聞こえてくる。
どうも、そろそろ学校が終了する時間のようだ。
私も、ゲストハウスに引き上げようか。
確か、帰り道の途中にマンゴー屋台があるはず。
カオニャオマムワン(マンゴーともち米のデザート)を買って行こう。
マンゴー屋台は中学校の真ん前で、道は帰宅する生徒や、お迎えの車で
ごった返していた。
毎日こんななのだろうか。
中学生なのに、バイクで帰って行く子もいる。
子供たちに紛れて、屋台へ近づく。
マムワン屋台
メニュー表は全部タイ語だ、読めない。
屋台のお姉さんに「カオニャオマムワン」と言うと、ちゃんと通じた。
うん、と頷いてお姉さんは、マンゴーともち米をパックに詰めてくれた。(35B)

ゲストハウスに到着すると、すでにRokiさんが帰っていた。
一緒にカオニャオマムワンを食べて、すぐに夕ご飯を食べに出掛けた。
向かったのはチェンマイ門市場。
食べ物の屋台がたくさん出ているし、プラスティックのテーブルとイスも
いっぱい並べてある。
チェンマイ門市場
ガパオ・ムー(豚肉のガパオ炒めごはん)を食べた。(二つで70B)
最初、Rokiさんがオーダーしてくれたのだが、大事なことをお忘れ!
ガパオにはカイダーオ(目玉焼き)が乗っていなくては。
「目玉焼きもお願いします」というセリフは、タイごはんを紹介している
ガイドブックにはよく登場する。
私も、予習はばっちりだ。
屋台のおばちゃんに「アオ カイダーオ ドゥワイ カー」と言ってみる。
おばちゃんはウンウン頷いてくれたので大丈夫だろう。
調理人
ガパオを待っている間に、飲物も買おう。
ドリンク屋台には、ちょっと怖い顔のおばちゃんがいた。
前飲んだチャーマナオ(レモンティー)が美味しかったので、「チャーマナオ
ミー マイ カー?」と聞いてみる。
「マイ(無い)」と言われてしまった。
では「ナムチャーイェン(アイスティー)」と言うと、ハイハイと
作り始めた。
タイの飲物は、黙っていると甘ーく作られるので「アオ マイ ワーン カー
(甘くしないでください)」と言ってみる。
おばちゃんハイハイと頷く、通じたみたい、良かった。
無事、ナムチャーイェン(しかも甘くない!15B)をゲットし、テーブルに戻ると
ガパオが出来ていた。
ちゃんとカイダーオが乗っている、大成功だ。
チェンマイ門ガパオ
カイダーオに、ちょろっとナムプラーをかける。
タイ人に倣って右手にスプーン、左手にフォークを持って食べ始めた。
これが美味しい!
バイガパオ(ガパオ=ホーリーバジル、バイ=葉)がたっぷりと入っている。
おしゃれカフェで価格が倍近くのガパオがあったが、断然こちらが美味しい。
二人とも、あっという間に平らげてゲストハウスに戻った。
この後、Rokiさんはサラーというお寺に出掛けて行った。
私は部屋でゆっくりと、チェンマイの旅前半戦を振り返る。




Posted at 15:42 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.06

西岸駅のさくら

4月4日に金沢へ出掛けたら、桜がとてもきれいでした。
9分咲き~満開ってカンジ。
薄桃色の空気の余韻を楽しみながら、のと里山海道を爆走して
西岸へ帰りました。
(旧料金所付近はスピードを落としましょう~。
ちょっと危険です)

今朝(4月6日)西岸駅の桜の様子を見て来ました。
桜つぼみ駅
やっと、つぼみの先端がほころんできた、といったところです。

駅名看板横の大きな桜の木。
ゆのさぎさくら
逆光で暗くてスミマセン。
まだほとんど咲いてない様に見えますが、0.3分咲き(笑)くらいです。
ほんの少しですが、せっかちさんは花びらを広げていました。
今夜は春の嵐、という予報ですね。
この嵐をやりすごして、西岸での見ごろは来週中ごろから後半でしょうか。
お花見が楽しみです(^-^)

Posted at 09:59 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.04.02

田んぼ遠足

この前の定休日、遠足に出掛けました。
向かうは中島町の山間の棚田です。
遊帆のお客様が、そちらで田んぼをされているので、
見学させてもらいました。

棚田はその地形ゆえに階段状になっていて、その景観が美しいです。
清らかな湧水が、周囲を流れて行きます。
でも、田んぼは私達が見慣れた平野の田んぼとは違って、形も大きさも
揃っていません。
手入れが大変な事でしょう。

今年は、こちらで収穫して頂いたお米を、遊帆でもお出し出来る、かも。
よろしくお願いしますm(__)m
今回は写真が無いのですが、四季折々にこちらの田んぼを訪ねたいと思います。


田んぼ、準備が始まっていますね。
畑も、最近はジャガイモを植える時期だそうです。
遊帆畑、今年は面積を拡大予定。
長年使われずに、シートを掛けられカチカチになった畑を掘り起こしています。
掘るほどに、問題があらわれ…
長い目で、良い畑にしていきたいです。

そんなわけで、外仕事が出来る気候となり、最近ちょっとせわしくしております。
ブログの更新が滞り、チェックして下さってる方には申し訳ないです。
チェンマイシリーズも、めげずにチョイチョイ書いておりますので
ゆっくりではありますがアップして行きます。

西岸は、大分暖かくなっておりますが、桜のつぼみはまだかたいようです。
来週には咲き始めるでしょうか?
一足早く、遊帆では「花咲くわんこ」が登場!
花咲くわんこ
「豚さんかー?」と言われますが、犬さんです。
しかも実は男の子です。
ヨット型看板に取り付けられていますが、只今ヨット型看板補修中。
今週中には復帰予定です。

「ゲストハウス北海」には、素敵な看板が付きました。
この紹介もしたいのです。
また今度改めて。

うおー。
ととなん(整わない)日記になってしまいました。
ごめんなさい。
これからもがんばりますので、PucaPuca遊帆、よろしくお願いしますm(__)m
Posted at 17:39 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |