2013.07.31

Chiangmaiへ行った あとがき

朝6時、仁川空港の気温は-1度。
寒いだろうな、と思い上着を用意していたものの、ボーディングブリッジへ
出ると縮みあがった。
チェンマイとの気温差は30度以上である。

Rokiさんが「ビビンバ食べたい」と言うので、フードコートへ行く。
ファストフード店の様に、最初にレジで注文と会計をして、番号札をもらう。
電光掲示板に番号が表示されたら、カウンターへ食べ物を取りに行く。
注文したのは、普通のどんぶりに入ったビビンバ。
ちょっと、さびしい味がした。
Rokiさんは「石焼きビビンバにすれば良かったのに」というが、
そういう問題だろうか。

最初に来た時と同じように、ネット接続が出来てソファで眠れるホールで
小松行きの飛行機を待つことにした。
まだ朝早いので、ソファで寝ている人が沢山いる。
私も、ウトウトはしていたが、到底ぐっすり眠るなど出来ない。
根が小心者である。

BOARDINGと書かれた時刻が近づいたので、搭乗ゲートへ行ってみると
ベンチは全て埋まっていた。
まだゲートが開く様子は無い。
雪のため、出発が遅れるようだ。
大きな窓から外を見ると、大韓航空機の水色の機体は凍りついている。

1時間遅れで飛行機は離陸。
朝食は、おかゆのようなものが出た。
機内食がいつもちゃんと温かいので感心する。
天気が悪そうなので多少心配していたが、日本海側上空は問題なかったようで、
無事、小松空港に降り立った。
小松市は気温3度、時々小雨がぱらつく天気だった。

Rokiさんのお父さんが迎えに来てくれて、一緒にRokiさんの実家へ。
家ではお母さんがカレーを作って待っていてくれた。
ちょっとお昼をまわった時刻。
カレーを食べると「ああ、日本だ」と思った。
あまりゆっくりも出来ないので、カレーを食べたらすぐに能登へ帰る。
だんだんと天気が回復し、穏やかな日差しが降り注ぐ。
遊帆はこの日、珠洲の「ちいさなおうち」さんが店を開けていてくれた。

能登へ、帰って来た。

                  おわり





「あとがき」なんて言っちゃったりして。
憧れていたのです、あとがきに(笑)

ちょっと余韻に浸るために、本編(本編だって!カッコイイ)に書ききれなかった
けれど、個人的に面白かった事を振り返ってみます。

まず、ケータイの件。
実はあのあと、コンビニでもう一回トップアップをしました。
レジで電話機を手渡すと、やっぱり「なんだこの古いケータイは」
って顔をされました。
でも、お兄さんが操作して「はいどうぞ」って返してくれたんです。
「できたできた♪」とゲストハウスへ戻ると、Rokiさんに「確認してみ」
と言われたのでチャージされている金額の表示画面を出すと…
あれ?
金額が増えていない…
トップアップ失敗しているじゃないか。
「Rokiさん、出来てないわ」
「もう一回コンビに行って、ちゃんとやってくれって言って来い」
「えー、何て言えばいいかわからん」
「情けないやっちゃな。いいから行って来い」
「ムリ」
Rokiさんのおでこに青筋が見えていたけれど、謝り倒して一緒に
コンビニに行って貰った。
Rokiさんが店員のお兄さんに事情を説明し、なんとか追加料金も無しで
トップアップが出来た。
きっと、ケータイが古いせいだと思うけど、トップアップしたらすぐに
確認するのが良いようです。


お洗濯の件。
タイは暑い。
汗を沢山かくので、毎日Tシャツを変えます。
すると、洗濯ものが溜まって来ます。
ゲストハウスで洗濯機を借りることも出来ますが、洗濯屋さんに
持って行くのがラクチン。
1キロ40バーツとか、35バーツとか、目方で金額が変わります。
店先に洗濯機が何台か並んでいるので、それで洗濯するのねって一目瞭然です。
出来あがりはキチンと畳んで、お客さんごとに袋に入っています。
無くなっているモノもありませんでした。
洗剤か柔軟剤がもわもわ香っていました。
デリケートで大切なお洋服はお勧めしません。


チェンマイでは、ほとんど危険を感じることはありませんでした。
私の様なアホアホ日本人でも、なんとかなるようです。
(まあ、Rokiさんが目を光らせていてくれたのかもしれませんが)
1回だけ「こわっ」と思ったのは、自転車に乗っていて、バイクと
接触しそうになった時。
私が悪いのですが、そのバイク(というかスクーター)のニイちゃんの
顔が怖かった。
「コラァ!」みたいなことを言ったと思うのですが、その声もガサガサで
怖かったですね。


3,4年前にバンコクへ行った時「サムンプライ」というハーブマッサージを
受けました。
それがとても良くて、チェンマイでも受けたいな~と思っていたのですが、
時間や金額の折り合いがつかなくて、今回は断念しました。
次は絶対行くぞ!


ガイヤーンの名店「SPチキン」は5月に移転予定というチラシをもらいました。
今はもう移転してるのかな。
元の店のすぐ近くなので、その辺の人に聞けば分かると思います。


Kae先生のケーキが膨らまなかった原因を、日本に帰ってからお菓子上手な
友人知人に聞いて見ました。
ワタクシとしては、生地作りに時間をかけすぎたためでは?
スピードアップすればいいのでは?と考えたのですが、それよりも…
☆卵の泡だてを念入りに。
☆オーブンの温度管理(温度が低いのでは)
というお答えでした。
おせっかいですが、このことをKae先生にメールしました。
美味しいケーキを焼いて下さいね~。


料理教室は、チェンマイにたくさんあります。
中長期で滞在する観光客が多いためでしょうか。
私は英語が全然だめなので、最初はかなり勇気が必要でしたが、
料理は習うより慣れろ!!あれ、違うな。
見て盗め!ん?
とにかく主題は「料理」なので、先生がやっていることを見ていれば
なんとかなりました。
しかも最後は美味しく食べられるのです。
受講料はややお高いのですが、教えてもらう+美味しい料理が食べられる。
と思えば、そんなにバカ高と言うわけでもないでしょう。


せっかく習ったお料理を、遊帆メニューにも反映させたいと思っています。
すでに、「ヤーン」というお料理はチェンマイ仕様となっています。
今までは豚肩ロースを調味液に漬け込んで焼いた、通常のヤーンでした。
それをTimmy先生のサムンプライ(ハーブとスパイス)バージョンにチェンジ。
Timmy先生の所では鶏肉を使いましたが、遊帆は豚を使用しています。
より食べ応えたっぷり。
ハーブとスパイスの香りがたまりません。

そして、チェンマイ名物カオソイ。
こちらはぜひとも遊帆で提供したい一品。
商品化に向けて、いろいろ研究開発?してきましたよ!
いよいよ登場。
追ってお知らせ致します。


はあ~、ようやくチェンマイシリーズ終了です。
ここまでお付き合いくださった方には、ホントに感謝です、
ありがとうございます。
最初は「プ○ジェクトX」風に、淡々と、クールに文章を書いていこうと
思っていたのですが、後半はダメでしたね。
根がふざけんぼさんなので、ふざけたくて仕方ありませんでした。

チェンマイは、また訪れたいと思います。
というか、日本が寒い冬場は住みたいです(笑)
今回、チェンマイへ行かせてくれた、沢山の人、いろんな事柄に感謝して。

            ほんとにおわり。

スポンサーサイト
Posted at 16:07 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.30

Chiangmaiへ行った その9

2月9日 ~カノム!カノム!最後にチムチュム!~

チェンマイ最終日。
この日はカノム(お菓子や軽食の意味だと思われる)を教えてもらう。
先生はKae(ケー)さん。
タイマッサージの先生もしているし、3歳の娘さんのママでもある。
先日料理教室で出会ったHaruさんも参加。
先生の自宅へ向かう。
タイのご家庭のキッチンに入れると思うとワクワク。

きっと普段は閑静な住宅街、しかし春節のお祭りで周辺は賑やかだった。
まずはコーヒーを1杯ご馳走になり、クッキングスタート!
キッチンは、半分オープンエアで気持ちがいい。

最初のカノムは「カノム・トゥアイ」
ココナッツミルク、米粉、緑豆粉などが原料で、その生地を
小さな器に入れて蒸す。
トゥアイとは、その器のことらしい。
カノムトゥアイは2層になっていて上の層は白色、下の層はグリーンだ。
カノムトゥアイ層

下の層が緑なのは、バイトゥーイという甘い香りがするハーブを水と一緒に
ミキサーにかけて、緑色のバイトゥーイウォーターを加えるから。
上の白い層はソルティー。

まずはKae先生がお手本を見せてくれる。
kae先生

蒸し器いっぱいに器を並べて、私とHaruさんも生地を注ぐ。
カノムトゥアイ
蒸している間は、ココナッツとバイトゥーイの甘~い香りが部屋いっぱいに
充満していた。

蒸しあがったカノムトゥアイを試食。
もっちりと甘くておいしい。
とても小さな器に入っているので、ついついいくつも食べてしまう。
Haruさんと「おいしいね」「おいしいね」と言っていると、Kae先生が
「これもたべる?」とマンゴーとごはんが乗った皿を持って来てくれた。
カオニャオマムワンだ。
マムワン byKae先生

これはご飯では無くてもち米。
ココナッツミルクをまぶして食べる。
これも美味しい。
先生更に「これも食べてみてくれる?」と大きなデコレーションケーキを
切り分ける。
kae cake
リンゴやマンゴーなどのフルーツがたっぷりで、クリームできれいに
デコレーションされている。
さすが、タイの人は器用だ。
食べてみると、クリームの風味が妙に懐かしくて美味しい。
スポンジはと言うと、下の方のふくらみがやや足りず、ちょっと硬かった。
聞けば、Kae先生初めてのデコレーションケーキらしい。
3人で、あーでもないこーでもないと原因を話合った。

二つ目のカノムに取りかかる。
「ブアロイ・カイ・ワーン」
どんなカノムを作るか、事前に写真を見て選んでいたのだが、
このブアロイカイワーンは、見た目で選んだ。
カラフルで、とても可愛い。

まず、4色の白玉を作る。
ピンク、黄色、ブルー、グリーン。
ピンクの白玉は、タロイモを混ぜて。
黄色はかぼちゃ。
タロイモ

グリーンは先程のバイトゥーイ。
ブルーは、というと、鮮やかな青色のお花を絞って作る。
アンチャン

小さな白玉(カラフルなので色玉?)をたくさん作るのがちょっと大変。
私はついつい、玉が大きくなってしまう。
それを、たっぷりのお湯でゆがく。
ブアロイ
きれいな4色白玉。
これが人工の着色料ではなく、すべて自然由来なのだから素晴らしい。
茹であがった白玉を、甘く味付けして温めたココナッツミルクの中へ。
先生が「卵入れる?」と聞く。
ブアロイ・カイ・ワーンのカイは卵の意味だ。
ワーンは甘い。
(そしたらブアロイは白玉かな?)
甘いココナッツミルクに、卵を入れるのは少々勇気が要ったが、せっかくなので
入れてもらうことに。
卵が半熟に固まるまで蒸らす。
ブアロイカイワーン
出来あがり!

卵は、思いのほかまろっとして美味しかった。
鍋いっぱいに作ったので、おかわりがたくさんあったが、先程までの
Kae先生のカノム攻勢でお腹はいっぱい。
これにてカノム教室は終了。

お菓子作りは、料理とはまた一味違う楽しさがある。
日本でも、きっとタイのカノムを作ろう。
先生は、この次美味しいスポンジケーキを焼くだろう。
甘い香りが漂うキッチン。
可愛らしいヴィジュアル。
お菓子は人をハッピーにする。

帰り道、今日のカノムの材料と調理器具(チープな可愛さにハマってしまった)を
買うためにスーパーに寄ってもらい、それからゲストハウスへ送ってもらった。

ゲストハウスへ戻ったのはお昼過ぎ。
丁度、Rokiさんも出先から帰ったところのようだった。
Kae先生が、お土産にカノムを持たせてくれたので、ベランダでおやつ会。
ゲストハウスで知り合った女性も一緒に。
しかし、Rokiさんはあまり甘いものが得意でないし、お昼ごはんもまだだったので
ふたたび出掛けてくることに。
私とHaruさんはまだお腹いっぱい。
というわけで、ベランダ3人女子会。
昨日今日出会った3人なのに、ホント、女はよくしゃべる。
チェンマイでは、いろいろな人に出会った。
私は英語ができないので、出会いはもっぱら日本人であるが、みなさん個性豊かで
気さくで、とても刺激を受けた。
またいつか出会うかもしれないし、もう会うこともないかもしれない。
しかし、あの貴重な時間は忘れない。


ベランダ女子会がお開きになり、Rokiさんと合流。
チェンマイ最後の夜は、またまたYoshiさんの案内で、チムチュム屋さんへ
行く約束をしている。
それまで時間があるので、サタデーマーケットへ行く。
まだ日が高く、暑さも残っている時間帯だったが、人出は結構ある。
美味しそうなルークチン(すり身団子)の屋台などが出ているが、チムチュム前
なので我慢。
ちょっと浮ついた気分でふわふわ歩いていると「とまれ!」とRokiさんに
背中から服を引っ張られた。
「???」一瞬わけが解らなかったが、周りを見ると皆歩みを止め、
静止している。
タイの国歌が、スピーカーから流れてくる。
国歌が流れている間は直立不動で、静かに聞いていなければ
不敬罪となる、らしい。
音楽が止むと、皆何事もなかったかのように、また歩きはじめる。
不思議な光景なのだが、周りは誰も不思議とは思っていない風なのが、
また不思議だ。
そのあと、リンピンマーケットという、ちょっと高級なスーパーマーケットで
Yoshiさんに頼まれていたワサビを買う。
ここでも、チープな調理器具を買ってしまった。

Yoshiさんとの待ち合わせの時間が近づいてきたので、お店へと向かう。
店内(と言っても半分外だが)はタイ人のお客さんが大半。
みな、素焼きの小ぶりな土鍋をつついている。
チムチュムとは、ハーブたっぷりのスープで、お肉やシーフード、野菜
春雨などを煮て食べる鍋料理だ。
チムチュムYoshi
メニューを見て、具材を注文する。
元々のメニュー表はタイ語のみ、だったみたいだが、誰か日本人が
日本語で「豚肉」とか「ふくろたけ」とか手書きで書いてある。
親切な日本人がいたものだ。
色々な具材をオーダーした。
あの、緑色の麺もあったのでモチロン頼む。
チム トウフ

チム フクロタケ
フクロタケ(きのこの一種)も私は缶詰でしか食べたことが無かったのだが
あまり美味しいとは思っていなかった。
だけど、現地で未加工のフクロタケを食べて、とても美味しかった。

ビールには氷を入れて飲む。
レストランなどでは、冷蔵庫で冷やされたビールが出てくるが、
食堂ではぬるいビールと氷が出てくる。
この、少し薄まったビールもなかなかオツである。

「そろそろ締めようか」とYoshiさんは、カオスワイ(白いご飯)と卵を
追加オーダーした。
タイ人はやらない、が、日本人はどうしてもやりたくなる。
しめの雑炊。
元々美味しいスープに、さらにお肉やシーフード、きのこの出汁が出ているのだ。
これで雑炊をしない手は無い。
鍋の中にご飯をいれていると、タイ人の店員さんの訝しげな視線。
しかし気にしない。
卵も入れて蒸らす。
頃合いを見計らって蓋を開けると「おおー!美味しそう!!」と
テンション急上昇。
3人でうまいうまい、と大盛り上がりで雑炊を食べた。
タイ人もやればいいのにね~。勿体ない。とか何とか言いながら。
リンピンで買ったワサビもちょっと加えると更に美味しい。
タイと日本の美味しさ融合~である。
まさに、チェンマイ最後の夜にふさわしい夕食だった。


Yoshiさんと別れ、バイクを返却し、ゲストハウスグリーンデイズに戻る。
21時半に迎えのタクシーが来るはずだ。
ちょっと心配したがタクシーはちゃんと来てくれて、チェンマイ空港まで
送ってくれた。
仁川空港行きは23:55発の予定。
指定のゲートの前で待つ。
大分時間があったので、最後のチャーマナオ(Lemon Teaと書いてあったが)を
飲んだり、日記を付けたりして過ごした。
大分疲れてぐったりしていたが、時計は常にチェックしていた。
なのに、出発15分前になってもゲートが開かない。
おかしいな~?と思っていると、大きな案内板を掲げた人が
行ったり来たりしている。
よく見ると、私たちが乗る便のナンバーが書かれている。
ゲートチェンジがあったらしい。
アナウンスを聞き逃したのだ。
「Rokiさん、あっちだよ!」
と、慌てて荷物をひっ抱え、別のゲートへ走った。
ゲートの前でチケットを確認してもらい、飛行機に乗り込む。
他の乗客はすでに席について、落ちついた状態だったので、
慌てている自分達がちょっと恥ずかしかった。
定刻通り、飛行機は飛び立つ。
さようなら、チェンマイ。






Posted at 23:00 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.08

楽しいリサイクル

遊帆でミルク系ドリンクをオーダーされる際、「牛乳」or「豆乳」を
選ぶことが出来ます。
最近は豆乳を選ぶ方も結構多いです。
私自身も、豆乳好きです。牛乳も好きですけど。

スウィーツも、豆乳を使っています。
一応「なんちゃってマクロビ」を謳っております。

ですので、豆乳消費量がそこそこ多いのです。
牛乳パックは、飲み終わったら洗って、切り開いて乾かし、スーパーの
リサイクルボックスに入れて来ます。
ですが、豆乳パックのリサイクルは、あまり見かけません。
田舎は特に。
これまでは、パックをそのまま潰してゴミとして捨てていました。

しかしある時、豆乳パックの側面に「豆乳・テトラパック リサイクル便」
と書いてあるのを見つけました。
おや、と思い、そのサイトへアクセスしてみると、アルミ付き紙容器の
リサイクルが出来ることが解りました。

やり方は
豆乳を買う→飲む→注ぎ口のプラスティックをはずしてパックを開く→
良く洗って乾かす→リサイクル便専用封筒に封入→送る
ざっくりとこんな感じ。
豆乳パック

リサイクル封筒

専用封筒は「豆乳・テトラパック リサイクル便」のHPでメンバー登録すれば、
家へ送ってもらえます。
そして、送料はなんとタダ。
HPに詳しく書かれていますが、豆乳メーカーや製紙会社などの努力で
行われているようです。
その心意気がいいな~と思い、ちょいと手間な豆乳パック洗浄も
「丁寧にやろう」って気になります。
やってみると、なかなか楽しいものです。
1リットルパックの場合、封筒には10枚入れますので、10パック分溜まるのが
待ち遠しくなります(笑)

Posted at 17:21 | megumiの日記 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.08

おしまい

『ゲーン マッサマン』終了しました。
ありがとうございます。

また作りますねー♪
Posted at 16:33 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |