2014.07.19

タイバジル

タイ料理は、いろいろなハーブを使用するんですが、バジルもそのひとつ。
遊帆のお料理の中では、カレー、ガパオ、プラーガッポン等に使われています。
バジルと一口に言っても、種類はいくつも有ります。
イタリアンバジルとも、微妙に形や色、香りが違います。

タイ料理に欠かせないタイバジルですが、日本で入手しようとすると、
なかなかのお値段になってしまいます。
しかも、冷凍モノが多い。
そこで、今年はタイバジルの種を購入。
なんとか発芽に漕ぎつけて、現在は収穫出来るまでに至っています(^^)v


ホーラーパー
これは「ホーラーパー」
タイのスィートバジルです。
遊帆ではゲーン(カレー)に使用しています。
ちょっと紫蘇っぽいような、爽やかで上品な香り。
魚介類炒めにも良く合います。


ガパオ
こちらは「ガパオ」
タイのホーリーバジルです。
ご存知ガパオ飯(バジル炒めご飯、目玉焼きも乗ってるよ!)に入っている
ハーブはこの「バイ・ガパオ」なんですね。
(バイは葉っぱの意味)
なんというか、ワイルドな香り。
生のまま齧ると、舌にちょっと刺激を感じます。

これからしばらくは、生ハーブたっぷりのガパオとゲーンを作れそうです。
暑い季節に爽やかバジルのタイ飯!サイコーです\(^o^)/

さあ、少しでも長くフレッシュバジルを収穫するため、2代目、3代目の種も播きましょう~。




スポンサーサイト
Posted at 16:18 | Café遊帆 | COM(0) | TB(0) |