FC2ブログ
2016.11.25

能登の里海

【クラウドファンディングのレポート】

能登の里海
2016.10.18




能登の里海

みなさんはどんなイメージなのでしょうか?

上手に説明出来ないので・・いつもクルージングしている様子をご紹介したいと思います。

トップの写真は、お気にいりの小さな入江、

沖にアンカーを入れて「Puca Puca」を泊めて、ゴムボート「Chapu Chapu」で陸に上がります。階段を上ると。。




美しい庭とレストラン




美味しい地ビールが待ってます。。




美味しい食事と地ビールを頂いて、帰りはこの滑り台で一気にビーチに降りられます♪

毎年、夏のお楽しみBeerクルージング、是非、ご一緒に行きませんか?

ご支援よろしくお願い致します!


スポンサーサイト
Posted at 18:12 | Blue Rose | COM(0) | TB(0) |
2016.11.25

船の旅

【クラウドファンディングのレポート】
クラウドファンディング挑戦中に更新していた「レポート」です。

船の旅
2016.10.04
jamela1.jpg


ヨットで海を渡る事。

豪華客船での船旅。

同じ船旅です。

でも、違います。

どちらもステキな旅になるでしょう。


強いて言うなら、ヨットの旅は、自然と人と異文化をダイレクトに感じる個人旅行、

客船の旅は、スーツなど正装しての食事やダンス、街の生活しながら団体旅行と言う感じでしょうか?

安全性を求めるなら客船、自由と冒険を求めるならヨット、どちらにも長所・短所があります。

tear main

       強風で破れてしまったメインセイル

狭い船の中での生活、貴重な水と食糧と限りある燃料、

私は、船と言う限られた空間を「小さな地球」と感じる事があります。

もし誰かが間違って水タンクに汚水を入れてしまったら、私達は生きていけません。

もし誰かが燃料を無計画に使ってしまったら、電気は使えず冷蔵庫の食糧は腐り、コンビニもない洋上では、私達は生きていけません。

言うまでもなく、生活には、水・空気・食糧・天然資源はとっても重要です。

船旅では、それをもっと解り易く体感する事もあります。

森に入りポリタンクで水を汲み、海岸に運び、ゴムボートに載せてヨットの水タンクに運ぶのはとても大変、一日掛ってようやく500L、水の有難さと貴重さを実感出来ます。

生き方と感覚が変わる体験なのかも。。
Havelock01.jpg

      インド洋のアンダマン諸島 ハブロック島

里海クルーズでは水は運びませんが(笑)、優しい里海で楽しみながら、あなたの人生で貴重な体験となる時間を共有出来ると思っています。

是非、支援と応援をよろしくお願い致します。


Posted at 12:41 | Blue Rose | COM(0) | TB(0) |