FC2ブログ
2013.12.07

出雲行っちゃおう! 前編

遷宮ブーム第2弾!?
出雲大社へ行ってきました。
北陸からはなかなか行きづらい場所で、当初バスツアーに
申し込んだのですが、直前で急遽変更。
自家用車に、4人乗り合わせて行くことになりました。

朝7時半、珠洲から合流したnaoちゃんを乗せ、まずは私が
ハンドルを握り遊帆を出発。
金沢でナンノさんを拾って、9時前に金沢西インターから北陸自動車道に
乗りました。
天気は曇り。順調に走る事が出来て、11時頃滋賀県大津SAで休憩。

大津SA
(霞んでいますが、琵琶湖です)

551
551HORAIの豚まん、近江牛コロッケ、カワエビの練りものなど、
速弁を堪能しました。
それにしても、きれいなSAだ~。

いよいよ交通量が増えてくるので、Rokiさんに運転を代わってもらい
名神を駆けます。
「新幹線はやーい!」
「モノレール!?大阪でモノレール!!??」
車内は8割女子なので賑やかです。
吹田JCTで中国自動車道に乗り換え、14時頃、岡山県勝央SAでランチ休憩。
とはいえ、みんな車内でおやつをモシャモシャ食べていたので、そんなに
空腹でもなく、ラーメンやうどんなどで軽めに済ませました。
私はイタリアントマトラーメン(だったかな?)を食べました。
トマトが名産物らしかったので。
チーズも入っていて、あまりにも予想通りの味。美味しかったです。

落合JCTから米子自動車道へ。
中国地方を縦断して、山陰へ向かいます。
その途中の蒜山SAでトイレ休憩。
乳製品グルメが多く、寒かったけど「蒜山ジャージーソフトクリーム」
を食べました。

15時過ぎ、鳥取県入り。
日暮れにはまだ時間があります。
「境港に寄って、妖怪見る?」とRokiさんの提案。
「行きたい行きたい!」と女子たち。
子供の頃、「ゲゲゲの鬼太郎」をよく観たものです。
米子ICで高速を降り、一路境港へ。

境港は面白い地形の街で、時間があれば港周辺も歩いてみたいと
思いました。
が、一番の目的は妖怪なので、水木しげるロードをそぞろ歩くことに。
あちこちに立っている、トイレ案内看板もゲゲゲ。↓
鬼太郎看板

街灯は目玉おやじ
目玉街灯
(節電?目玉は灯っていませんでした)

水木ロードの左右には、手のひら(よりやや大きめ)サイズの妖怪の
像が並んでいます。
私とナンノさんは、妖怪たちを写真に収めるべく、一つ一つの像を
「なんだコレ」とか言いながらじっくり見て行きます。
naoちゃんは、八百屋兼お土産屋兼雑貨屋さんみたいなところで売られている
「赤貝」にくいついていました、さすが料理人。

境港駅まで行くと、丁度電車が停車していました。
鬼太郎列車
乗ってみたい、けど乗ったら米子まで戻ってしまう…

駅前ポストの鬼太郎。
一反木綿に乗っている…
鬼太郎ポスト
と、思いきや、ハガキに乗っていました。

水木ロードを半分くらい歩いた時点で、雨が激しく降って来ました。
日も暮れてしまいました。
残念ですが、半分見られずに境港を後にしました。
また今度行く時の、楽しみに取っておきます。

道を間違えたり、迷ったりしながらなんとか、島根県松江市入り。
この日の宿「ヤングイン松江」にチェックイン。
荷ほどき(と言うほど荷物はないけど)して、まずは温泉へ。
ヤングインにはシャワールームがありますが「しんじ湖温泉」と
聞いては温泉に行かぬわけにはいきません。
(ちなみに、高速道路をもう一区間走れば「玉造温泉」があります)
事前に調べていた温泉は、建物4階展望浴場で、宍道湖が見渡せる…
と言うことだったのですが、とっぷりと日が暮れた後では、湖は
真っ暗でした。
しかし、温泉は良い感じで、長旅の疲れを癒してくれました。

お風呂に入ってサッパリした後は、ヤングインオーナーに教えてもらった
食事処へ向かうべく、夜の松江繁華街へ。
「魚一」さんはちょっと高級感漂うお店構えで、入店を躊躇ってしまいましたが
「えーい、せっかく来たんだ、行っちまえ!」
と、私がなけなしの勇気を振り絞っているその脇を、naoちゃんはスイーっと
お店に入って行きました。
島根松江の郷土料理と地酒が楽しめるようです。
お刺身を頼んでみると、やはり日本海側で石川と似た感じもしました。
メニューに「くも子」と書いてあり、なんだろう?とお店の人に
尋ねると「タラの白子です」この辺も似ています。
宍道湖名産のシジミも食べました。
私ははじめ、松江の地ビールを飲んでいたのですが(これも美味しかった)
素晴らしいのはやはり日本酒。
銘柄にもよりますが、さらっとフルーティで飲みやすい。
なんと「利き酒セット」という3種類の酒がちょっとずつ味わえるメニューもあり、
色々と楽しめました。
4人とも上機嫌で、もう一件ハシゴし「松江はいいところだなー」と
ワイワイおしゃべりしながら、宍道湖をまたぐ大きな橋を渡り、宿へと帰りました。

明日はいよいよ出雲です。


妖怪がお好きな方は「続きを読む」にて
ゲゲゲワールドをお楽しみください。





クルクル目玉
「妖怪神社」のまえの手水?で目玉がクルクル回っていました。
かなりカワイイです。動画を取れば良かった。

ろくろ首
ろくろ首。

子泣き爺
子泣き爺。
確か、人にしがみついて、わんわん泣くごとに重くなるんでしたっけ。
ウチにも1人居るような…

あずきはかり
あずきはかり。
私はずっと「あずきあらい」だと勘違いしていました。
自分があずきを洗う時、「妖怪あずきあらい」とつぶやきながら
1人ニヤニヤしていましたが、今度から計る時に言うことにします。

砂かけ婆
砂かけ婆。
人気が高いのか、良く触られるのか、テカテカしてますね。

鬼太郎
鬼太郎。
「きたろう」一発変換できません。

ヤマタノオロチ
ヤマタノオロチ ≠ キングギドラ

ぬらりひょん
ぬらりひょん。
有名妖怪だけど、どんな妖怪か知らない…。

猫娘
ねこむすめ。
せっかくのねこむすめ、暗くなってきてうまく撮れませんでした。

ぬりかべ
ぬりかべ。
私が愛してやまない妖怪。他人とは思えないのです。
こちらも暗くなってしまって、せっかく自ら壁を塗っている部分が
潰れてしまってます。
が、コテで塗ってるんです。

水木先生
水木しげる先生と鬼太郎、鼠男。
エラそうに机に腰掛ける鼠男(笑)
頬杖をつく鬼太郎の表情がとても可愛らしいのです。

日没サスペンデッドで、水木ロードの半分は観る事が出来ませんでした。
きっと、一反木綿はソチラ側にいたのでしょう。
会いたかったな、一反木綿。
いつかまた、きっと。






スポンサーサイト
この記事へのトラックバック URL
http://cafeyouho.blog.fc2.com/tb.php/131-6b8aefbb
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する