--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.02.25

小さなおうち

2月のとある定休日。
遊帆の友人である‘なほちゃん’が営むごはん屋さん
「小さなおうち」へ行って来ました。
小さなおうちは石川県珠洲市、能登半島の先端の街にあります。
遊帆からは1時間強の道のり。

懐かしい雰囲気の商店街から、細い路地を入ったところ、
古民家風の建物が小さなおうちです。
厨房が道路に面していたので、窓から手を振って、なほちゃんが
出迎えてくれました。
(なんかサザエさんの世界みたい)

玄関は田舎の家らしく広い土間。
その一角に、可愛らしいカウンターが設けてあり
小さなおうちおなじみのビスコッティが販売されています。
(噛み応えバツグン。おいしいよ)
小さなおうち1


靴を脱いで、親戚の家さながらに「お邪魔しま~す」と店内へ。
畳の間に、長細いテーブル(ちゃぶ台か)アフリカン?な柄のテーブルクロスが
和室にもマッチしています。
このテーブルを囲んで、居合わせた他のお客さんとの会話も楽しいです。

小さなおうちの食事メニューは今の所ひとつだけ。

小さなおうち2
『海のもの山のもの定食』¥900
当然定食を注文しました。
メニューの横に活けられているのは蝋梅(ロウバイ)
優しい良い香りがするお花です。
まだ寒い2月中旬でしたが、小さな春を感じさせてくれます。

しばらく待っていると、定食がやって来ました。

小さなおうち定食
おいしそう!
この日の献立は
黒まめのエチオピアンスパイス煮込み クスクスと
イワシのマリネ
きび入りしょうがごはん
赤大根のローズマリービネガー
そして「ご自由にお飲み下さい」状態の杜ちゅう茶

エチオピアンスパイスは、なほちゃんのお友達のエチオピア土産だそう。
「ちょっと辛いかも~」と言ってましたが、丁度良い辛さでした。
お豆さんを沢山食べられて、なんだか健康になった気分。
おかわりしたかったなー。
赤大根も、ローズマリーがふんわり香っておいしかったです。
なほちゃんのお料理は、いつも味付けがくどくなく
すっきりとお腹におさまります。

珠洲はちょっと遠いのですが、でも行けて良かった~。
とってもおいしかったです。
帰り際に買ったビスコッティも、やっぱりおいしい。
季節が変わると、お料理の内容もまた変わると思います。
また、ドライブがてら行ってみたいと思います。


小さなおうちを後にし、さらに半島の先端の先端「狼煙(のろし)」
という町に住む知人を訪ね、大改装中の古民家を見学させて貰いました。
ロケットストーブ制作中らしく(今もう完成してるかも)オトコ達は
ストーブを熱く語っていました。
女にとっては、暖かければなんでもいいんですが。
中島も田舎だなー、と思っていましたが、さらに奥地(!)に魅力を
感じ、そこで生活を楽しんでる人達もいるんだなぁ。
能登ライフを楽しむヒントが、そこらじゅうに転がっていました。

能登の面白さは、地元スーパーにも現れます。
珠洲のスーパーマーケットには、七尾では見られないお魚も売られていて
見ているだけでも面白いです。
地元産のお味噌やお酒なども、その土地ならでは。
良い飲食店もたくさんあるのですが、スーパーをのぞくのもお勧めです。

能登はまだまだ、ディープな魅力が詰まっていますね。
今後もちょっとずつ、掘り起こして行くのを楽しみにしています。

「小さなおうち」
珠洲市飯田町13-29-1
℡ 0768-82-0151
今の所、木、金、土曜が営業日
1人で切り盛りしているお店なので、事前に営業されているか確認or
予約をして行かれると良いと思います。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://cafeyouho.blog.fc2.com/tb.php/140-9da1142a
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。