--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.03

ばあちゃんのゆず味噌

冬の美味しいもののひとつ、ゆず。
あの香りが大好きです。
実家にもゆずの木がありますし、能登でもゆずを植えている
お宅が多いようです。
今年も、ご近所さんからたくさんのゆずを頂いたので、
ゆず味噌を作ることにしました。
実家の祖母が作るゆず味噌が大好きなので、
祖母の作り方を参考に、自分なりのアレンジを加えて。


まず、ゆずをきれいに洗って水気をふき取ります。
ゆず

次に皮を剥きます。
白いところが残っていても大丈夫。
「白いところは苦いから」と、親の敵みたいに除かなくとも、味噌と
砂糖に混ざると苦味は気になりません。
いやほんのちょっと苦いんですけど、そこが美味しいのです・・・
と思います。
(↓↓↓こんな感じで白く残っててもOK)
ゆず皮

皮をみじん切りにします。
こちらも好みによりますが、めちゃめちゃ細かくしなくてもいいと
思います。
ツブツブ感が残ると、それがまた美味しい。
中身は果汁を絞ります。果汁に種が入らないように。
絞ったあとの薄皮や果肉は、使い道があんまり
思いつかないんですよね~。
布袋に入れて、湯船に浮かべてゆず湯でしょうか。
ゆずみじん

鍋にお酒を入れて煮切ります。
ごく弱火にして、お砂糖を加えて、よく溶かします。
そこに味噌を加えて、練り混ぜます。
さらに、みじん切りにしたゆずの皮、果汁を加えて練り練り練り・・・。
果汁は全部入れると酸っぱくなりすぎたり、ゆず味噌が
ゆるくなりすぎるので、味見と様子見をしながら加えてくださいね。

ゆず味噌が熱い内に、消毒したびんに9分目までいれて
しっかりとふたをします。
はい、出来上がり♪
ゆずみそ

祖母の作り方は、もっと簡単でワイルド。
味噌、砂糖、みじん切りのゆず皮、果汁を混ぜ合わせるだけ!
作った直後は、お砂糖がザリザリします(笑)
でも、翌日くらいにはなじんできます。
1週間くらいで食べきっちゃうなら、こっちの作り方でもいいですね。

ほかほかご飯にのせて、おでんのお供に、風呂吹き大根に、お豆腐
こんにゃくなどなど、使い方はいろいろ。
工夫次第でパスタにも、卵焼きにも!

分量は超適当ですが、覚書として・・・
ゆず 小ぶりのもの 10個
酒 60~80cc
砂糖 大さじ8 (みその甘さにもよりますので、調節してください)
味噌 400g (今回はお友達に頂いた手作り味噌と、
         白味噌を混ぜて使いました。
         祖母のゆず味噌は日本海みそ一筋です)






スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://cafeyouho.blog.fc2.com/tb.php/166-2e87e883
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。