FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.05.22

宝の山

ご覧下さい。
この、たからのやま を。

薪トラ

ただの、軽トラに積まれた木、じゃないのです。
来冬以降、また遊帆や北海の薪ストーブで使用する、薪予備群の木達なのです。


今年の春、のと鉄道が沿線の大規模伐採を行ったそうです。
伐採された木は特に行くあても無いと聞き、また薪によさそうな
種類の木も有るということで、譲ってもらえないかお願いしてみました。
すると、友人ののと鉄職員Yさんを介して「OK」を頂きました。
その方も「一緒に行きますよ」と言ってくれて、この前の定休日に
薪拾いへ出掛けました。

Yさん休日なのに、ちゃんとのと鉄作業服着用。
「コレ着てれば、運転士さんが見ても関係者ってわかりますから
怪しまれませんよ」
なるほど。

rail

裸の大将よろしく、レールの上をゆく。
♪~野に咲く~花のよーうにー
と、唄い出したくなるのどかな風景。

しかし線路上は、予想だにしない歩きにくさ!
砕石が、実は結構大きくゴロゴロしていて、尖っている。
底の薄い長靴では、石の凹凸が足の裏にダイレクトに伝わってきました。
痛い。

軽トラを駐車した場所から、線路を200mくらい歩いて伐採現場へ。
線路が谷になっているので、斜面から木を引きずり降ろして
抱えて軽トラまで運びます。
大きすぎる木は、遊帆マスターRokiさんがその場でカット。
そうこうして、3人で3時間半程作業した結果が、上の木積み軽トラ画像。
これらを更に薪サイズに切ったり割ったりします。

燃やしてしまうのは一瞬なのですが、こうして自分達で作業すると
さらに木のありがたさを感じられそうです。
そして、Yさんにも感謝!ありがとうございます!!
大事に燃やします。



※今回、のと鉄には許可を頂いて、職員のYさんと共に、安全に
配慮して頂いて線路に入りました。
許可なく線路に入るのは絶対に止めて下さい。
危険ですし、のと鉄道や乗客の方、周囲に多大な迷惑がかかる恐れがあります。
いかに鉄道の安全が計られているか、私も今回ちょっと学びました。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://cafeyouho.blog.fc2.com/tb.php/182-388cd89e
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。