FC2ブログ
2013.02.23

Chiangmaiへ行った その1

2月1日から10日まで、遊帆マスターRokiさんと二人、タイの
チェンマイという街へ行って来ました。
その時のことを思い出しながら、そして忘れないように、ちょっと
ずつ綴っていこうと思います。

私は、全く旅慣れていない、海外旅行初心者です。
このチェンマイ行きは海外旅行3回目、パックツアーでない、個人旅行
としては初であります。
なので「何をいまさら」と思われるようなことでも、初心者目線で
恥をしのびつつ書いちゃいます。
(Rokiさんは旅慣れてーらーですので、大分頼ってしまいましたが)

さて、旅行初心者は空港からもはやテンションが上がります。
ですので、地元の空港を出発するところから始めます。


2月1日~小松空港・仁川・チェンマイへ~

チェックインは朝10時からだが、1時間も早く小松空港に到着した。
朝食は自宅で摂って来た。
しばらく和食は食べられない、と思いご飯と梅干し、お味噌汁。

ようやく大韓航空のカウンタに照明が灯り、チェックインが始まった。
チケットはインターネットで予約してあったため、必要事項をプリントアウトした
用紙と、パスポートを受付に提出。
大きな荷物は預けて、発券してもらった。
荷物はこのままチェンマイまで預けっぱなしだ。
出発ロビーがある2階へ上がり、石川県のお土産ものをしばし眺める。
小さな地方空港の、国際線出発ロビー。
さすがに日本人が大半だが、ソウル(インチョン)行きということで、
韓国の方もちらほら見かけた。
中国語らしき会話も聞こえる。
チケットに書かれていた「BOARDING」の時間になり、ゲートをくぐる。
私は特にアヤシイ人ではないはずだが、なぜかちょっと緊張する。
Rokiさんはリュックの中の液体瓶を指摘されていた。
(ちゃんとジップロックに入れて無事通過)
大韓航空Air Koreaの水色の機体に乗りこむ。
天気が良いのでそんなに揺れる事もないだろう。
ゆっくりと滑走路を移動した飛行機が、一気にスピードを上げる。
普段なかなか体感しない「G」を体に感じて、路面とタイヤが擦れる
ゴーーという音が途切れた…と思ったら機体はふわっと飛び立ち
離陸した。
実は、私は飛行機に乗ると、この瞬間を楽しみにしている。

韓国ソウルの仁川(インチョン)空港までは約2時間のフライト。
朝早かったので、少し眠ろうか…と思ったがK-POPのPVに
ハマってしまい眠れなかった。
機内食は、お昼ということで軽めのサンドウィッチだった。

仁川空港に到着。
さすがアジア最大のハブ空港、大きい、きれい。
チェンマイ行きの出発までは4時間もある。
Rokiさんがメールチェックをしたい、と言うので電源がとれて
ゆっくり座れそうなところを探す。
仁川空港はWi-Hiフリー。
誰でも無料でインターネット接続が出来る。
パソコンが数台並んだコーナーも。
素晴らしいサービス、さすがIT先進国。
(ちなみにシャワールームもフリーだった)
電源を供給してくれる所も、色々なプラグ形状と電圧に対応している。
Rokiさんも自分のノートパソコンで、メールを受信していた。

さて、機内で食事をしたので、さほど空腹も感じていないが
ともかく手持無沙汰。
何かちょっとだけ、食べたり飲んだり出来たらいいのだが。
あいにく、3000韓国ウォンしか手元にない。
これではコーヒーも飲めない。
かといって、わざわざ換金するほどのことでもない。
「お金が無い」というのは侘しいものだな、と思った。
「ってか、カード使えばいいんじゃない?」「あ、そうだね」
カフェコーナーで、パンとレモネードを買った。
支払いの時、現金で3000ウォンを、残りをカードで、という
迷惑極まりない事をした。

たっぷり時間はあったのだが、免税店はあまり見なかった。
だけど、仁川空港内にはたくさんのブランドショップが入っている。
チャンスがあれば、今度はじっくり眺めたい。
こんな可愛いカフェもあった。
Kitty
ハローキティカフェ。
チャーリーブラウンカフェも見た。

18:45定刻通り、チェンマイ行きの大韓航空機が出発。
少し長いフライトとなるので、映画を観ることにした。
ただ、日本語の字幕が無い。
うーん、困ったな…と思いながら、何を観るか探したところ、
キッズのカテゴリに「レミーのおいしいレストラン」があった。
これなら英語の音声だけでもストーリーが理解できるだろう。
レストランで供される、美味しそうなお料理を見ながら、
機内食を食べた。
ビーフ・チキン・シーフードの3つから選ぶことが出来たので、
私はチキンを、Rokiさんはシーフードを選択。

映画も観終わり、お腹も膨れたので少しウトウトしていたら
Rokiさん「降りたらすぐに荷物拾って、タクシー捕まえるぞ」と
気合いが入っている様子。
飛行機は無事チェンマイ空港に到着。現地時刻で22:40
小走りでバゲージクレームへ。
しかし、待てど暮らせど荷物が出てこない。
出てくるのはゴルフバッグばかり。
ようやく出て来たトランクとバックパックを引きずって到着ロビーへ出ると、
雨が降っていた。
メータータクシーのカウンターには長蛇の列。
チェンマイ空港では外で並ぶのではなく、空港内のカウンターで
配車してもらい、料金先払いだった。
番号が書かれた紙きれを2枚もらい、タクシー乗り場を仕切っている
お姉さんに1枚渡す。
番号が呼ばれたら、タクシーに乗れるのだ。
夜も遅く、しかも雨が降っているため、タクシーはフル回転で
お客を運んでいるようだった。
乗り場のお姉さんも、勝手の解らない外国人にまくし立てられて大変そう。
「Twenty one!」と呼ばれ、黄色いタクシーに乗り込む。
女の子2人組と相乗りだった。

宿に到着。
これから8泊の予定でお世話になる「Green Days」
Greendays

鍵をもらい、簡単な説明を受けた。
「さあ、ビールを飲んで寝るか~」
と、近くのセブンイレブンへ。
ビールの冷蔵庫の前へいくと、取っ手に鍵がかかっている。
タイでは、アルコールの販売が規制されている時間があり、
夜中の0時を回るとビールが買えないのだ。
ガーン…ちょっと遅かった。
仕方が無いのでビールは諦めて、水とサンドウィッチを買った。
サンドウィッチはタイのセブンより大韓航空に軍配が上がった。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://cafeyouho.blog.fc2.com/tb.php/83-7b0d8417
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する